会社案内

会社概要

 

会社商号

協同電子株式会社

本社所在地

〒252-0328 神奈川県相模原市南区麻溝台7-24-37

米子工場所在地

〒683-0851 鳥取県米子市夜見町2944-1

設立

昭和54年11月14日

資本金

2,900万円

代表取締役

兼森俊洋

事業目的

(1)電子機器及び同部品の製造・販売
(2)前項に付帯関連する業務

取引銀行

横浜銀行座間支店
三井住友銀行つきみ野支店
三菱東京UFJ銀行町田支店

 

沿革

 

昭和54年11月

資本金600万円にて、協同電子(株)設立
ハイブリッドIC用厚膜印刷基板の製造・販売を開始

昭和57年12月

資本金1,600万円に増資

昭和60年1月

資本金2,900万円に増資

昭和62年3月

本社新工場完成により移転

平成7年1月

鳥取県米子市内に米子工場を開設

平成15年11月

米子工場を増設

平成18年6月

米子工場 ISO9001:2000 認証取得

平成19年5月

米子工場 ISO14001:2004 認証取得

平成20年4月

米子工場にクリーンルーム設置

経営方針

 

協同電子は、顧客のニーズと期待に応え、信頼と満足を得られる会社を目指します。

 

顧客に安価で良い製品を短納期で提供する
当社に関連する人々の生活向上を目指す
顧客満足度の向上を目指し、品質マネジメントシステムの継続的改善を促進する
黒字決算で社会に貢献する

 
協同電子は、2006年にISO9001を取得致しました。
毎年の更新審査において、仕事に即した真摯な取り組みについて審査員からも高評価を戴いております。
内部監査においても、身内の馴れ合いを廃した真剣なチェックが行われており、従業員間ではむしろ内部監査の方が厳しいと毎回戦々恐々としています。
このような取り組みによって、協同電子は毎年のスパイラルアップを行っています。

 

環境活動

 
協同電子の環境保全活動への取り組み

地球環境の保全は人類にとって非常に大切な問題です。
特に、最近の地球温暖化による環境の変化が危惧されるなか、環境保全に対しての活動を行う事が製造メーカーとしての責務と考え、協同電子はISO14001:2004に適合した環境マネジメントシステムを構築し、活動を行っております。
その一環として、協同電子は環境方針を決定し、それを公開いたします。
 
 
 

環境方針

 

  1. 協同電子は環境問題を経営の重要課題として認識し、事業活動、製品、サービスが環境に与える影響を把握し、汚染の防止に努め、 地域社会の期待・信頼に応えるとともに、環境との融和を目指す。 
  2. 協同電子は以下の事項を環境保全活動の重点項目として取り組む
     ・環境汚染の原因となる有害物質の使用の削減を実現する。
     ・省資源、リサイクルを推進し廃棄物を削減する。
     ・製品の設計・開発時から使用材料の検討・評価を行い、環境にやさしい製品作りを目指す。
  3. 環境関連法規及び当社が同意可能なその他の要求事項を遵守し、 顧客・地域社会の期待に応える。
  4. この環境方針は協同電子全従業員に周知させると共に、社外に対しても公開する。 

この環境方針をもとに、協同電子は環境マネジメントシステムの維持と継続的改善に努める。